現場新着情報

工事短信レポート Vol.11更新:2021年9月10日

日も落ちてきて「そろそろ片づけの時間かなぁ~」

「え、まだ3時...」(*´Д`)

に時間の流れが遅く感じる現象はなんなんですかね。

「時間ばっかり気にしてないでちゃんと仕事しろ」って?

ごもっともです...ちゃんと仕事します(‘◇’)ゞ

 

どうも、Kindです!

ではでは、今週の現場れぽぉ~と。

 

今週も引き続きグラウンドの掘削作業をしているのですが

ここで最新技術の登場です!

 

その名もぉ~「ICT(ドドンッ)

 

実はグラウンド掘削当初から使っていた技術でしたが記事では

回が初登場になります。

 

ICTとは「i-Construction(アイ・コンストラクション)

三次元(D)データを活用した技術です。

 

簡単に説明すると...これまで重機は完全に人の手で操作され

ていました。なので、重機のオペレーター(操縦者)さんによっ

て仕上がりの精度にバラつきがありました。さらに集中が必

な作業なのでオペレーターさんの負担は大きいものでした...

要するに、オペレーターさんの次第ということです。

 

ですが、このICTの技術を活用するとGPSで自分のいる位置

を測位し、重機に取り付けてあるタブレットの図面通り重機を

操作するだけです。(説明が長い!)

この技術によって高精度な仕上がりと生産性の向上を図るこ

とができます。

 

なんて素晴らしい技術なんでしょう(*´▽`*)

 

このICTバックホウブルドーザーに取り付けています!

 

機械関係でもうひとつ!

バスマップなるものを導入しました。

この端末はGPSと地図を搭載していてダンプカーがどの道をど

のくらいの速度で走っているのかがリアルタイムでわかります!

さらに、運搬経路にある細い道スピードの出しすぎなどを音声

イドで運転手さんに知らせられるようになっています。

運転手の皆さんにはいつも、安全運転を心がけて土砂の運搬を

てもらっています!(‘◇’)ゞ

 

今回は新しい技術をたくさん紹介したので僕自身の勉強にもなり

した!

 

来週もお楽しみに!

 

             以上、現場からKindでした!

Topへ