丸彦渡辺建設株式会社 maruhikowatanabe

HEALTH健康経営について

TOP > 健康経営について

健康経営取組み宣言

丸彦渡辺建設の経営理念「私たちは、誠実さと技術力でお客様と社会から信頼をいただき、強い意志と行動力で企業価値を高め、永続的に豊かな社会づくりに貢献します。」を実現するためには、社員の活 力向上や生産性の向上など組織の活性化が必要です。企業活動の基礎となるのは社員の「健康」 であり、社員の健康維持増進とメンタル不調を防止し「社員が幸せに暮らせる会社」とするため心と体の健康づくりと快適な職場づくりに健康投資する考えのもと、健康経営に取り組むことを宣言します。

健康経営推進体制

健康事業所宣言

健康事業所宣言を行い、健康保険組合と協働で健康経営を推進しています。

丸彦の取り組み

からだの健康

社員の健康は何よりも大切なものであると考え、健康診断100%受診を徹底しています。 30歳以上の社員には会社が費用を全額負担し人間ドックの受診を行っています。 特にがん検診に力をいれており、胃がん、子宮頸がん、乳がん検診については対象年齢の社員は会社が費用を負担し、無料で受けることができます。 さらに札幌市がん対策認定企業の認定を受け、がん治療と職業生活を両立できる体制を整えています。 健康診断後は産業医の意見を聞きながら健康相談を行い、有所見項目についての指導を受けます。

こころの健康

2023年より丸彦保健室を設置し、保健師と健康やメンタルヘルスについての相談ができる体制を整えました。 支店社員や各現場で働く社員も気軽に利用できるよう、対面のほかオンラインによる面談が可能です。

ヘルスリテラシーの向上

社員が自身の健康により関心を持ってもらえるよう、健康診断で有所見者が多かった項目についての産業医講話や、女性特有の健康課題について、女性自身がより知識を深めてもらえるよう、保健師セミナーを定期開催しています。イントラネットでは定期的に運動習慣や食生活に関する情報の発信や、保健師による丸彦保健室だよりを公開しています。また、普段の食習慣をふりかえるきっかけとして、野菜の摂取量を測定するベジチェックという イベントを行っています。

喫煙対策

社内の完全分煙化、就業時間中の喫煙時間限定の取り組みを行っています。

ワークライフバランスの取り組み

ゴールデンウイーク、お盆、正月と合わせた計画有休の取得や、毎週水曜日のノー残業デー、 育児中の社員に対しては、子が小学校3年生まで時短勤務と看護休暇の取得が可能です。

地域貢献について

春の献血会の実施や、盲導犬協会のチャリティーイベント、 4~11月に毎月行う周辺清掃、札幌市豊平区のアダプト制度に参加し 冬期の転倒防止の砂散布などを行っています。 2011年からは「さっぽろふるさとの森づくり」に参加し、植樹活動を毎年行っています。 特に本社1階の「和(なごみ)」スペースを利用した夏と冬のコンサートは、 地域の皆様にお越しいただき、音楽を楽しんでいただいています。

アダプト清掃の様子

盲導犬チャリティーイベントの様子

クリスマスコンサートの様子

取り組み実績

2020年度実績2021年度実績2022年度実績
健康診断受診率100%100%100%
再検査受診率67.3%59.8%58.8%
ストレスチェック受診率99.6%100%99.6%